星占い事典|獅子座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

獅子座がしてはいけないこと

クールな自分を演出しすぎる

人によって美意識というのは違うものですが「自分らしさ」と「美意識」の間に差があるならばどうしたらよいでしょう?

 

たとえば好きな服と似合う服が違う場合は、どっちを選ぶべきかというようなことに似ています。

 

どちらを選ぶかは人それぞれの好みですが、獅子座の場合は自分の個性を偽ってはいけません。

 

もしクールな人に憧れたとしても、それを演じるために本当の自分らしさを抑えることは止めましょう。

 

獅子座の魅力は冷静さやクールさではなく、あふれるような情熱と明るさなのです。

 

冗談であれば良いですが、そうでなければいつか無理に気づき遅かれ早かれその間違いに気づくでしょう。

 

獅子座は回り道をするのではなく、ストレートに自分らしさを追求していくことが大切です。




頭脳派のふりをする

これも自分を偽ることに似ていますが、もし知性に自信がない場合でも頭が良いふりをするのは止めましょう。

 

獅子座は他者に負けるのが嫌なので、知らない事でも知ったかぶりをしてしまう事がありますが、それはまったくの逆効果です。

 

知らないということは恥ずべきことではなく、そこから新たに学べばよいだけのこと。

 

獅子座は表現力や人間力で勝負するべきであって、頭脳明晰さはあまり気にせず正直にいた方が好感がもたれやすいのです。

 

当然のことながら、これは獅子座に知性がないという意味ではなく、知性はその魅力のほんの一部にすぎないということです。

 

無理をして、せっかくの獅子座の誠実さや正直さが疑われてしまったなら非常にもったいないことです。




周囲にへつらうこと

我が道をつらぬこうとする獅子座は協調性を保ちにくいため、他者との関わり合い方に悩むときがあります。

 

人間関係では、相手に合わせたり仲良くする努力は必要でしょうが、獅子座は自分らしさを曲げてまでへつらってはいけません。

 

獅子座は孤独さを胸の奥に抱えていますから、人生のある時点で人間関係に悩んでしまうことがあるかもしれません。

 

そんなときに、他者の仲良くなる方法は「個性を捨て去ることだ」と思い込んで、実践したならそれは不幸の始まりです。

 

自分を捨てて人と仲良くするのは他の星座の人は良いこともありますが、獅子座のやり方ではありません。

 

そもそも獅子座にとって自分を捨てるということは人生を捨てたも同然です。

 

誠実かつ謙虚であることを心がけ、それでも受け入れてもらえないなら無理をしてまで媚びてはいけません。




PAGETOP
Copyright © 獅子座の運勢 ~ Leo ~ All Rights Reserved.
error: Content is protected !!