星占い事典|獅子座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

獅子座ののぞむ人間関係

慕ってくれる人を大切に

嫌いな相手のことは徹底的に嫌う獅子座ですが、もし相手が親しげに寄ってくると、最終的には受け入れるのが獅子座の懐の広さです。

 

たとえ嫌いな相手でも、自分を慕ってくれる人のことはどうしても放って置けなくなるのが獅子座なのです。

 

愛してくれる人に対しては、できるかぎりの愛情を注ぎ大切にしていきたいと考えます。

 

じつは獅子座は、自分からはそう簡単に人を愛することはなく、まず先に愛されることを望みます。

 

人間力で沢山の人に愛されて、その人たちを愛情でもって守ることが獅子座の望む関係なのかもしれません。




持ち上げてもらいたい

獅子座独特の感覚として、どんな人間関係においても自分が少し上の立場であることを好みます。

 

ほとんど感じられないような僅差でかまいませんから、自分が上であると感じられるほうが心地よいのです。

 

完全なるフラットな関係だとするなら、相手が自分をもちあげてくれると少し気持ちが落ち着くでしょう。

 

自分を偉いと感じたいというよりも、少しでも優位だと感じることで、精神的に安心するのだといえます。

 

持ち上げてもらうことで「自分は認められている」「負けてはいない」と気が楽になるかもしれません。

 

上から目線が否めない獅子座は少なくありませんが、その背後には不安感が隠れていると考えると、すこし持ち上げてあげるのも悪くないかもしれません。




ボスの立場でかわいがる

人を愛して守りたいと感じる獅子座は、完全にフラットな関係だとその感覚を活かしきることができません。

 

少し不思議なようですが、獅子座の場合は上下関係があってこそ愛情を表現しやすいといえるのです。

 

一般的に愛情というのは、母親のように見返りを求めずに慈しむものと思われがちですが、獅子座の場合は、父親的な感覚で人を愛するほうが性に合っています。

 

これは「すこし厳しいことは言うかもしれないし突き放すこともあるかもしれないけれど、それ以上の大きな愛で見守っているよ」ということです。

 

自分の愛情下にいる人たちを、ボス的な立場でかわいがりたい、というのが獅子座の本音かもしれません。




PAGETOP
Copyright © 獅子座の運勢 ~ Leo ~ All Rights Reserved.
error: Content is protected !!