星占い事典|獅子座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

獅子座の最大の弱み

自信がないと脆い

王者を王者たらしめているものは豪華な服や王冠などではなく、心の底から湧き上がる威厳や風格かもしれません。

 

能力が高いだけでは王にはなれるものではなく、それ以外に人を引き付ける強烈な魅力が必要でしょう。

 

獅子座も自分らしくいるためには、確固とした自信が重要です。

 

獅子座は、ただ生きているだけでは幸せを感じにくく自分の存在に自信が持てたり、人にそれを認めてもらうことなしには、幸せを実感しにくいといえます。

 

そのため自信の持てない獅子座は痛々しいほどの弱りっぷり。

 

どんなに心が弱っていても生命力だけは強いので、心の痛みと孤独感がむすびついたなら、暗く重い人生になってしまうこともありえます。




賞賛を求めすぎる

獅子座の幸福感というのは自分だけで完結するものではなく、必ず他者が必要だといえるかもしれません。

 

自分の個性を追求していってそれを自分が納得できたらOKというわけではなく、だれかに認められたいのです。

 

注目を浴びて、自分の魅力や能力が賞賛されることが、なによりも喜びとなるからです。

 

そのため人への「褒めて」アピールが強く、もし認めてもらえないならばその人を嫌いになってしまうことも。

 

人に認められないことには興味を持ちにくいため、人目に付かない地味な仕事などをいやがる傾向があります。

 

賞賛を求めるのは悪いことではありませんが、褒めてくれる人がいなくても獅子座の魅力は変わるわけではありませんから自信を持っていきましょう。




他者に合わせられない

基本的に頑固な性質をもつ獅子座は、柔軟に思考を変えたり、他者に合わせたりすることが得意ではありません。

 

そもそも「自分ではなく人が自分に合わせるべき」と感じていますから、合わせられないというより合わせる気がないと言ったほうがいいかもしれません。

 

そのため、コミュニケーション能力が高くない獅子座の場合は孤立しやすく人と打ち解けられないこともあるでしょう。

 

人の意見に合わせたり協調性を持てばうまくいくと分かっていても、なかなか自分を変えることができないようです。

 

相手のために自分の目線を下げるということは、一種の「負け」を感じさせるのかもしれません。

 

自分に合わせてくれる人というのは、ごく少数かゼロに近いもの。

 

自分が変わらなければ、他者を変えることは出来ません。




PAGETOP
Copyright © 獅子座の運勢 ~ Leo ~ All Rights Reserved.
error: Content is protected !!